包茎手術を受ける3つのメリットとは

包茎で悩んでいる人は実はそれほど少なくありません。

なぜならば日本人男性の60%以上が包茎であるという事実があるからです。

 

ただし包茎であるとはいっても普段では亀頭が皮に隠れているような人でも、勃起時には自然に亀頭が露出したり、手で皮をめくることができるならば仮性包茎であるので、包茎手術は基本的には必要ではありません。

包茎手術が必要であるのは普段でも勃起時でも亀頭の露出が難しかったり、手でめくると痛みが出るような、真性包茎やカントン包茎の人です。

 

包茎手術をすることによって、包茎の人にとっては3つの大きなメリットがあります。

 

一つは包茎によって皮におおわれている部分に恥垢と呼ばれる垢がたまり、不潔ですし、嫌な臭いの原因にもなっています。

また、不潔であることが原因の性病などの感染症にかかりにくくなります。不潔であることは女性にも嫌われる原因となります。これらが包茎手術によって解消されます。

 

二つは包茎手術によって包茎が原因の早漏が解消されます。

早漏が解消されることによって、性生活が充実することにつながります。

 

最後に包茎手術を受ける最大のメリットと考えられるのが、男性としてのコンプレックスが解消されることです。

男性同士でもコンプレックスに感じることもありますし、女性の前ではもっと大きなコンプレックスに成っていたことから解消されます。

 

そのことによって女性に対して自信ができることもあるでしょうし、見た目にも自信ができます。


関連記事