長茎術の種類とクリニックの選び方

いろいろな事情があって自分が短小なことが大きなコンプレックスになっている場合にコンプレックス解消のために実践すべき選択肢として長茎術、長茎手術というものがあります。
単純に言ってしまえば陰茎の長さをこれまでより数センチ伸ばすというものなんですが、長茎術は方法が一つではありません。

 

長茎術にはどういう方法があるのか、そしてどの方法を選べばいいのか、クリニックの選び方まで見ていきましょう。

 

まず、埋もれている陰茎を引き出す、引っ張りだす方法です。

 

埋没陰茎長茎手術と呼ばれたり、埋没陰茎修正手術と呼ばれるものですが、元々体内に埋もれている陰茎を調整役として埋もれさせている原因となっている靭帯などを切ったり、特殊な糸で引っ張ることで長茎にするというものです。
メスを使って切るもの、糸などを使って切らないタイプもあるので、傷跡や痛みといった点の違いなどで選択しましょう。

 

下腹部に脂肪が溜まってしまう、つまりお腹がぽっこりと出っ張ってしまうと陰茎は埋もれてしまうので、下腹部の脂肪を吸引することで陰茎のサイズを本来の姿に戻そうという方法もあります。
当然ですが下腹部に脂肪が溜まっている人限定になる方法ですが、陰茎の大きさだけではなくスタイルアップも望める方法です。

 

最後に陰茎にリパスという注射剤やヒアルロン酸を注入することで陰茎を大きくするという方法があります。

 

そもそも陰茎の大きさもそうですが、埋もれている部分の長さなども個人差が大きく、診察によってどの方法が効果的かが明らかになることが多く、クリニックとの話し合いで結論が出ることも多いはずです。

ただ、クリニックや医師によっては結論が違うということも多々ありますから、言いなりになるのではなく自分でも熟考し、満足できる方法を選択しましょう。

 

クリニックはたくさんありますが、全国に支店をもつABCクリニックなど複数のクリニックで無料相談を利用して、納得するまで長茎術の方法とクリニック選びをすることをおすすめします。


関連記事